屋内運動1

健康的に痩せたいとスポーツジムに登録したものの、そこには色んなタイプの嫌な人がいました。最初はせっかく入会したのだからと我慢していましたが、この我慢がストレスになってジムに通う事が逆に体に悪くなってしまったほどです。

結局入会して半年ほどで辞めてしまいましたが、改めてどんな場所でも人間関係は難しいものだと感じた経験です。

群れたがる人

女性は基本的にグループを作るのが大好きです。子供の頃ならまだしも、大人になってからもグループで行動しないと気が済まない人がいる事には呆れてしまいます。ただ私の中ではスポーツジムならスポーツが好きでサッパリした性格の人が多いとイメージしていたのですが、この考えは脆くも崩れてしまいました。

1人では気が弱くて大人しい感じでも、そこに仲間が混ざってくる事でどんどん強くなっていきます。例えばランニングマシーンで走っていた時、3人組が入ってきたのですが私の左隣が2台、右隣が1台空いている状態でした。

つまり3人組なら2対1に分かれて運動しなければいけないという訳ですが、どうやら彼女たちにはその考えは無かったようです。「まだかな?」と言いあったり大きく溜息をついたり、あからさまに私に早くどいてよという雰囲気を醸し出してきたのです。

彼女たちの様子から私も場所を譲った方が良いのかな?と思いましたが、あまりにもアホらしいので設定したタイムが過ぎるまで走り続けました。その最中に3人が並んで運動出来るスペースが開いたようで、そちらに移動していってくれましたが、私が部屋を出ていく際は冷たく刺さるような視線を向けてきました。

子供もいるであろう大の大人がする行動とは思えず、これは凄く嫌な経験でした。

トレーナーに文句を言う人

私が通っていたスポーツジムは基本的に自由に好きな運動が出来るようになっていました。ただトレーナーと呼ばれる人がいて、器具で運動している時など効果がより現れるよう、専門的なアドバイスをしてくれました。せっかく運動していても無駄が多かったり、器具の使い方が間違っていては意味がないので、トレーナーの存在は非常に有難かったです。

でもそのトレーナーにやたら文句を言っている人がいました。おそらくその人は多少スポーツの知識を持っているようで、トレーナーが言う事に「そんな方法では意味がない」とか「お前は本当にわかっているのか」など、本来なら教えてもらう立場でありながら上から目線で反論ばかりするのです。

最初は苦笑いをしながらも丁寧に返事をし、その人が気持ち良く運動出来るように合わせていたトレーナーですが、段々顔を引きつっていくのがわかりました。私は周りで聞いているだけだったので直接的な被害は無かったですが、威圧的な態度をとる人がいるのはあまり気持ちの良いものではありませんでした。

また親身になって教えてくれているトレーナーが気の毒で仕方なかったです。

気に入ったマシーンを使い続ける人

普段使わない筋肉を使うため、私は様々なトレーニングをしたいと考えていました。自分では購入できない大きくて高価なマシーンを使えるのがスポーツジムの醍醐味だと思います。普通ならある程度の時間使えば終了して、次の人に譲るのが当たり前ですが、会員の中にはずっと気に入ったマシーンを使い続ける人がいました。

その行為に迷惑しているのは私だけではなく、他の会員さんが直接文句を言ったり、トレーナーやスタッフさんに伝えて注意してもらうような事もありましたが、忘れた頃にまた同じような行動をするのです。

いつしかジム側からも要注意人物として認識されるようになったみたいですが、あまり文句を言えないような大人しそうな会員さん達ばかりの時を見計らってマシーンを使い続けるという行為を繰り返していました。

個人的には3回ほど「変わって欲しい」という旨を伝えた事がありましたが、相手の怪訝そうな顔や深いため息に嫌な思いをし、それ以降は彼と関わらないために少し時間をずらしました。

人のトレーニングをジロジロ見てくる人

一生懸命トレーニングをしていると、基本的には人の事も気にならないものです。ただある時、ふと後ろから誰かに見られているような気がして振り返った時、中年男性がじっとこちらを見てました。私と目が合うと慌てて目をそらし、別の部屋へ行ってしまったのですが、実はそれ以降も同じような事が何度かありました。

彼の様子を見ていると、私だけではなく20~30代女性を中心に見ているようで、彼の視線が腰やお尻にある事に気付いた時はゾッとしました。下手に声をかけても「自分はそんな事をしていない」と開き直られるだけなので、とにかく彼と出会った時は冷たい視線を送るようになりました。

相手からすると常に冷たい視線を向けられるので嫌な気持ちになったかもしれません。ただ私はあなたを警戒していますよとサインを送る事で、その後は私の後ろ姿を見られる事も無くなりました。またトレーニング中にジロジロ見られたのは、この男性だけではなく女性の方にもいました。

どのようなつもりで私を見ていたのかはわかりませんが、男女問わず背後から見られるのはあまり気持ちの良いものではありません。特に危害を与えられた訳ではないですが、いつも不快な気持ちになりました。

カップルでトレーニングをしている人

スポーツジムは友達同士で来る人もいれば、恋人同士で会員になっている人もいます。お互いに励ましながらトレーニングをしている姿は微笑ましいですが、二人の密着度が強すぎるとその思いも消えてしまいます。私が遭遇したのは、彼氏の方が彼女にマシーンの使い方をレクチャーしている現場だったのですが、男性の方がやたらと彼女の体を触っていたのです。

このトレーニングにそのボディータッチはいらないと心の中で突っ込んでいたところ、だんだん彼女の方も嬉しそうに笑い始めました。その内、もっとお互いの行動が大胆になっていき、その場でキスするのではないかと思うぐらい盛り上がっていったのです。

周りの人の反応も様々で私ように冷ややかな視線を送る人もいれば、興味深そうにやり取りを眺めている人もいます。トレーナーも見かねて二人をとめたところ、男性の方が不貞腐れた様子で部屋を出ていきましたが、なぜトレーニングをしにきた場所で恋人同士のイチャイチャした様子を見なければいけないのか、怒りとともに呆れてしまいました。